ストリッピング手術

ストリッピング手術

ストリッピング手術

ストリッピング手術

ストリッピング手術は下肢静脈瘤の根治的な治療法として今も最も日本で多く行われている手術です。
これまでの多くの実績から安全で再発も極めて少ない完成された確実な治療法です。
具体的には足の付け根や膝裏などの皮膚を約2cm程度切開し、弁不全を起こしている静脈を特殊な器具(ストリッパーワイヤー)で抜去します。

静脈は抜いてしまっても、まったく心配はありません。むしろ、静脈を抜くことによって下肢の血液の流れは本来の流れに戻るわけです。

一般的にはストリッピング手術は傷跡が残ると言われていますが、当院では可能な限り創を小さくする工夫をしていますので、時間がたてば、ほとんど目立たなくなります。

ストリッピング手術のメリット・デメリット

メリット
  • ・再発率が極めて低い
  • ・安定した治療成績
  • ・安全性に信頼度が高い
  • ・保険適用で費用が安い
デメリット
  • ・入院が必要な場合がある
  • ・知覚神経にダメージを少し与えてしまうことがまれにある

ストリッピング手術の治療費

3割負担の場合 1割負担の場合
約3万3,000円 約1万1,000円

下肢静脈瘤の治療方法の種類

下肢静脈瘤について知りたい方

下肢静脈瘤の治療がしたい方

診療予約フォーム 提携ホテル 帝国ホテル
ページの先頭へ戻る